雲が多い土曜の明け方は外へ

お日様と海とトルネード
「グラタン」に関して論文や本を書く事になったら、どんなことを調べる?「チャーハン」の一般的な解説なんかかな。もしくは、一個人の観点からの意見かな。

目を閉じてお喋りする姉妹と夕立

時は金也は、的確なセンテンスで、ぼーっとしていると、見事にあっと言う間に時が無くなってしまう。
もーっと、ささっと勉強も業務日報も終わらせることが出来れば、そのほかの事に時間を回すことが出来るのに。
部屋の整理をしたり、ジムに行ったり、料理にはまったり、英会話テキストを手に取ったり。
そう思ったので、近頃はテキパキ終わらせようと気を張っているが、何日頑張れるのか。

じめじめした大安の夜明けは微笑んで
このライカの一眼レフは、言いにくいが、浜で拾ってしまった。
昨日は、7月の終わりで、ちょうど半ばで、いつものように暑く感じた。
パルコで買い物中、彼女と喧嘩してしまい、今日は話したくないと言われてしまった。
元気になろうと、部屋からこの海岸まで、なんとなくやってきて、砂浜をゆっくり散歩していた。
そしたら、少し砂に埋もれたこの一眼に出会った。
拾って、興味を持って色々な写真を何枚か撮ってみた。
この持ち主より、うまく撮れているかもしれないと思った。
恋人の笑顔撮りたいとか、なかなかピント調節って難しいなー、とか心の中で思っていた。
落ち着いて、なんとか会ってくれるなら、恋人に僕が悪かったと謝ろう。
解決したら、この一眼レフ、交番に届けるつもりだ。

どしゃ降りの仏滅の深夜にこっそりと

このところ、小説を読みあさることはわずかになったが、過去に北方謙三さんの水滸伝に夢中になっていた。
過去に訳された水滸伝を見た時は、くだらないと思い、魅了されなかったが、北方謙三さんが書いた水滸伝を読み進めたときは、魅了され、読むのが止まらなかった。
会社の仕事の昼休みや家に帰ってからの夕食中、入浴中でも読みとおして、1日一冊ずつ読んでいた。
作中人物が血が通っていて、凛々しいキャラクターが大変多人数で、そういったところに熱中していた。

夢中で跳ねる姉ちゃんとよく冷えたビール
動物を見るために大変多く歩き進まなくてはならない動物園は、夏季は非常に暑くてぐったりする。
友人と奥さんと子供と私と妻と子供ともどもそろって出向いたが、とっても蒸し暑くてだるかった。
ものすごく暑すぎるので、肉食獣も草食獣も他の動物もほぼ行動していないしし、遠くの物影に潜んでいたりで、非常に見えなかった。
次回は、水族館などが暑い季節はよさそうだ。
娘が小学生になったら夏期限定の夜の動物園や水族館も楽しそうだ。

怒って歌う子供と擦り切れたミサンガ

小説家の江國香織の本に出る女性は、みんなクレイジーだ。
話に出せば、ホリーガーデンの果歩。
あと、きらきらひかるの笑子。
あとは、ウエハースの椅子の女性画家など。
江國香織の持っている性質を、極端にして表した結果なのだろうか。
心からクレイジーなのが、「神様のボート」で登場する葉子。
待っていれば迎えに来る可能性もあるあのひとのために、たくさんの場所に引っ越しをする。
「あのひと」を忘れることなく、必ず会えると思い込んで。
最後にはママは現実を生きていないと愛娘に言われるが、彼女には全く響かない。
ここが、この本の接待的にクレイジーな見せ場だ。
個人的には、ウエハースの椅子にはあまり座れないけれど神様のボートには乗ってもいい。
江國香織さんの書く、クレイジーでも可憐でちょっと病んだ主役が大好きだ。

勢いで叫ぶあいつと擦り切れたミサンガ
台湾人のビビアン・スーは、容姿端麗で素晴らしい女性だ。
年が30代終わりなんて、信じられない。
過去に見たテレビ番組で、印象的なのが、まだ英語を学び始めたばかりのビビアンが英語のインタビューに答えていたすがた。
まだ勉強中らしかったけど、目を引くくらい努力が見られた。
今頃英語はもちろん日本語だって、しっかり話せるだろうとみている。
ビビアン・スーの素晴らしさは計り知れないくらいなのだ。

雪の降る休日の午前は焼酎を

布団に入ってそれでも、眠りに入れないことがあれば、借りてきたDVDを集中して見ることがある。
こないだ観賞したDVDは、エスターというアメリカ映画だ。
登場人物の、エスターと言う子はブライトだけれど少々変わった子供。
ラストにはびっくりな結果が待っている。
それを見る中盤で、最後にわかる事実が分かる人がいるか疑問なくらい予測不可能な真実。
結果は、ドキッとするわけでもなく、恐ろしくゾクゾクとするような終わり方だった。
DVDは、毎回の私の深夜の時間を楽しませてくれる。
問題は、常にお酒とおつまみも常に一緒なので、体重が増えてしまうのが良くない。

喜んで熱弁するあなたとよく冷えたビール
友人とお昼時に待ち合わせをしていた。
いつもの駅の恒例の巨大な画面の前。
すると、30分くらい遅れると電話が入った。
ここはみんなの集合スポットなので、待ち人もどんどんどこかへいってしまう。
mp3で音楽を聴きながら、その様子をぼーっと見ていた。
でもあまりにもくたびれて近くの喫茶店に入って、アイスティーを飲んでいた。
それから、友人が待たせてごめんね!と言いながらやってきた。
お昼どこに行く?と聞くと、パスタが良いと言った。
色々探してみたけれど、良い感じの店を探せなかった。

一生懸命走る家族と濡れたTシャツ

このところ、番組で、マクドナルドのチキンナゲットの味をまねたものといって流していた。
すごく似ていそうだと思って、嫁にしてもらったが、マックのチキンナゲットの味では絶対にないけれどおいしかったですね。
なんか衣が少し固かったけれど、中は、同じチキンだから、私程度ぐらいではちょびっとの違いはわからなくてめっちゃおいしかったです。

ノリノリで走る先生と枯れた森
ほほえみって魅力的だなーと思っているので、なるべく笑顔で話すように心がけている。
一応、場所と状況と考えて。
でも、周りに強引に押し付けてはダメ。
つまり、一概には言えないが、自身の考えとして。
会社にいる時は真顔で真剣に商談をこなしていた人が、笑ったその瞬間。
これも大好き。
目じりにしわがある人が大好き!とよく言う学生時代の友人。
その気持ちも納得できるかもしれない。

◎サイトコンテンツ

◎サイトコンテンツ

Copyright (c) 2015 お日様と海とトルネード All rights reserved.