雹が降った水曜の夜にお酒を

お日様と海とトルネード
「使命」のことを特別に感じている人って、いっぱいいるんだろう。今までしてきた経験や偏見とかが、「竹馬の友」と頭の中でくっついちゃうことって、往々にしてあるんじゃないかな。

騒がしく口笛を吹くあいつと電子レンジ

普通、アパートで一人で出来るような業務をして、稀にお声がかかると派遣先に仕事に参加する。
たった、たまにが、めちゃくちゃめんどく感じてしまう。
こんなに面倒なら引き受けるの辞めてしまおうかと。
声がかかればやる気になるけれど、大勢の社員に囲まれて、団体で業務をこなすのは難題だ。
本気で友達に相談すると、言いたいことは分かるよ、と言って、豪快に笑っていた。

そよ風の吹く平日の深夜にゆっくりと
旅行でも業務でも、韓国に行く機会が多い。
一番は、日本から近いプサン。
観光ももちろんだが、女性は韓国コスメやネイル用品など興味がある方も多数だろう。
韓国人は見た目、つまり自分磨きへの力は素晴らしいといわれる。
就職活動や、結婚の際に、日本に比べて露骨に判断されるシーンが多いとか。
自然と、韓国スキンケアは、肌に良い成分が日本の物より多く含まれているらしい。
なので、合う合わないは出てくるものの、効果は期待してもいいだろう。

陽の見えない休日の夕暮れは窓から

仕事の関係で鹿児島に暮らしてみて、墓に日々、生花をなさっている方々が多いということにたまげた。
少しお歳の女性は、日々、お墓に花をやっていないと、近くの女性の目が不安らしい。
日々、草花をあげるので、家計の中の花代もとてもばかにならないらしい。
いつも毎日、近くのお歳をめしたの女性は墓前に集まってお花をあげながら、会話もしていて、霊前の悪い空気はなく、さながら、人がひしめく公園みたいにはなやかな空気だ。

ノリノリで叫ぶ友達とぬるいビール
友人の両親が会社で梅干しを売っているとの事。
博多に本社があり、中国にショップもでき、関西の方に自社工場がある。
日本全国に、定期的に、何名かのメンバーでデモストレーションをするらしい。
飲みながら、こんな話を聞いていると、おなかがすいてきた。
「梅干し食べたい」と言ったら、いただいたものがあると言いながら出してくれた。
この友人と食べたこの梅干しが、これまででベストに美味しかった。
という事で、さっそくはちみつ梅をオーダーしてしまった。

暑い土曜の明け方は微笑んで

友達が、アパートのベランダにて、ミニトマトを作っている。
実がなったらトマトスープを作ってみたいらしい。
彼女は、しょっちゅう水分をあげないし、ベランダでタバコを吸うので、彼女のトマトの生活環境は全然良くない。
丸1日、何もあげなかったと言う場合の、その見てくれは、緑色の葉がしょぼんとしていて、人間がしゅんとしている姿に似ている。
気の毒になったので、水と肥料をたくさんあげると、翌日の早朝のトマトは何事もなかったように復活していた。

じめじめした土曜の午前にお酒を
自分自身、アレルギーで、パウダーはほとんど使用してはいけないし、ケアも一部だけだ。
どうしようもないので、野菜やサプリメントのパワーに頼ってしまうのだが、最近摂取しているのがコラーゲンだ。
ジュースに入れて、毎朝飲んでいるけれど、多少は素肌がハリが出てきた。
それに、飲むようになってから実感するまで即効性があったので、感心した。

自信を持って吠えるあの子と観光地

大変スイーツが好きで、甘いケーキなどを自作します。
普通に手で一生懸命混ぜて、型に入れオーブンで焼いて作成していたのだけれども、最近、ホームベーカリーで焼いてみた、ものすごく簡単でした。
娘にも食べさせるので、ニンジンをすって混ぜたり、バナナを混ぜたり、栄養がとれるように心がけている。
シュガーが少なめでもニンジンや野菜の甘さがあるので、好んで口にしてくれます。
ここ最近は、スイーツ男子という表現もメディアであるから一般的だけれど、若いころは、ケーキを自分で焼いているいるといったら不思議に思われることが多かったです。
このごろは、そんな男の子が多いよねと言われる。

怒って話すあの子と横殴りの雪
この国には、多くの祭りが存在するだろう。
実際に確認したことはないけど、とても良く知っている祭りは、秩父夜祭で、別名、冬祭りである。
豪華な彫刻を施した、笠鉾が2基と屋台が4基。
祭りの概要が分かる会館を観光したときに、実際の様子を写したDVDや実物大の物を見せてもらった。
寒い12月に行われているので、冬祭りという別名でも呼ぶみたいだ。
参加して見てみたい祭りの一個でもある。
冬祭りとは反対に、夏に開催されているのは、福岡市東区のほうじょうやがあり、すべての生き物の生を奪う事を禁止する祭り。
江戸時代は、この祭りの行われている間は、釣りも禁止されたらしい。
代々続くお祭りも重要だが、私はリンゴ飴の屋台も同じく好き。

前のめりで叫ぶ姉ちゃんと草原

仕事で必要性のあるモウソウダケをコンスタントにちょうだいするようになって、助かっているのだが、しかし、密集した竹が面倒でガンガン持っていってほしがっている竹の持ち主は、私たちの必要量より竹を持って帰らせようとしてくるので面倒だ。
うじゃうじゃ運んで帰っても余ることになるのだが、処分に困る竹がムダでしょうがないらしく、運んで行ってくれと強くせがまれる。
こちら側も必要なものをもらっているので、断りづらい。

前のめりで吠える弟と冷たい雨
珍しく不安な状態に浸ってしまい、少しも切なくなった。
大きな原因はなく、なぜか切なくなったり、今やっていることが意味のない事に思えた。
そんな精神状態で、外に出る仕事が入った。
その上そこそこ大きな会場での催しで大手の案件だった。
この状態ではよくないので自分を忘れて夢中でこなしているうちにいつものポジティブな気分になってきた。
そういえば、不安定なとき、昼間に日差しを浴びるという事をしなかった。
お昼に外出することも健康なことだと思う。

◎サイトコンテンツ

◎サイトコンテンツ

Copyright (c) 2015 お日様と海とトルネード All rights reserved.