怒って走るあいつと壊れた自動販売機

お日様と海とトルネード
「アイスコーヒー」のことが好きという人もいるだろうし、嫌いな人もいるはず。どうでもいいと思っている人も。アナタが考える「戦略」はどう?

陽気に口笛を吹く君と季節はずれの雪

よくテレビで見る大物が電撃引退なので、ニュースやらワイドショーでうるさいぐらい報道しているが、とてもすごい!!。
この次の日本の総理がどのような人になるかっていう内容よりニュースでは順序が速かった。
誰が日本の総理大臣になろうが変化しないと考えるのもとってもいるし、それより、大物お笑い芸人が芸能界を突然引退表明!!というのが何かしら影響がでるということですかね。

どんよりした木曜の深夜にお酒を
「嫌われ松の子一生」という題名のドラマが放送されていましたが、好きだった方もいたと思います。
わたしは、ドラマは見ていなかったのですが、中谷美紀主役で映画が放送されたときに、見に行きました。
考えます。
松子は容量が悪いからでもありますが難しい境遇にいながらも、自分は不幸だと思いません。
はたからみれば、不運かもしれないけれど明るい未来を想像しています。
幸せになることについて、貪欲なんです。
そこに、好感を感じました。
自分だって幸せになりたいのに、そうなってしまうと幸せになる権利はないような気がする。
という、意味の分からない状態に陥っていた子どもだった私は、松子を見ていると、明るくなりました。
とても、面白い映画なので、見ていただきたいです。
キャストの、中谷美紀さんは、先生役でも、中洲のソープ嬢でも、美容師を演じても、何をしても綺麗でした。

雲が多い日曜の夕暮れは座ったままで

お盆が間近になって、とうろう流しなどの催し物が近くで実行されている。
近くの観光施設では、竹や木で作ったとうろうが置かれていた。
近くのイベント会場では、晩に電気のライトはついてなくて、灯篭の中のろうそくの照明だけというのは、非常に美しかった。
竹や木の中でキャンドルが光っていて、やさしい灯りになっていた。
繊細な灯火があたりの樹々を照射していてとっても素敵だった。

悲しそうに走る彼女と花粉症
なぜか肉をそこまで好物ではない食事はどうしたって魚介類中心になってくる。
そうなると、この時期の、土用の丑の日は、結構行事だ。
東京の方でウナギを開く場合、背開きという習わしがある。
なんでか話すと、古くから武士の町だったので、腹開きといえば切腹に由来してしまい、縁起が悪いため。
逆に、西で開く分には、腹開きである場合が習わし。
というのも、関西は商人文化の町なので、腹を割って話そうと言う意味につながるから。
それでも、自腹を切るの言い方にも通じるので、シチュエーションによってはタブーの場合も。
というのも、関西は商人文化の町なので、腹を割って話そうと言う意味につながるから。
それでも、自腹を切るの言い方にも通じるので、シチュエーションによってはタブーの場合も。
このお話は、バスガイドの正社員で働いていた時に、常に、お客様に話していた話です。
渋谷駅からスタートして、静岡の沼津のうなぎを食べに向かおうという日程。

ゆったりとお喋りする兄さんと濡れたTシャツ

オフィスで頑張っていた時の大好きな先輩は、社長令嬢で、どう考えてもお金持ちだった。
小さな体で素直でとにかく元気な、動物を愛する先輩。
動物愛護グループなど立ち上げて、それなりに活躍を行っているようだった。
革を使用しない、ビーガン、動物実験反対。
ちょっと前に、ご実家に訪問したことがある。
都心にある高層マンションで、皇居が見下ろせる場所。
先輩は、毛並みが清潔な猫ちゃんと一緒に住んでいた。

泣きながら体操する姉ちゃんと夕焼け
遠くの家元で暮らす妻の母も大好きな孫のためだといって、めちゃめちゃたくさん手作りのものを作ってくれて届けてくれている。
ミッフィーが大変大好きだと話したら、話したキャラの布で、作成してくれたが、縫物用の布の価格が非常に高額でたまげていた。
裁縫するための布は縦、横、上下の方向が存在していて気をつけなくてはならないらしい。
しかれども、多く、作ってくれて、届けてくれた。
孫はすごく愛らしいのだろう。

蒸し暑い土曜の明け方は座ったままで

仕事で、日光市へ向かうことが頻繁だった
北関東地方に位置する日光は栃木県にあって、海のない県で、背の高い山に囲まれている。
もちろん、寒い時期には積雪し、除雪車やチェーンなど必要だ。
秋のシーズンには、東北自動車道で2泊3日で、帰って、また2泊3日という生活スタイルが非常に多く、サイトなどの情報で日光が登場すると懐かしいとさえ感じてしまう。
日光を見ずして結構というなかれという面白い表現がある位なので、一度は旅をしてほしい所だ。
少しだけ紹介させてもらうと、旅行のメインはやはり東照宮。
あの有名な家康の眠っている所で、独特な様子に驚くと思う。
また、山の奥にある日光湯元温泉。
硫黄泉で、白色で、熱い湯。
この温泉に来ると冷え症が完治するだろうと思う。
日光東照宮建立当時、日光のこのお湯を目指してかなりの人数の湯治客が集まったと言う。
その様子が想像できる歴史の深い所がここ栃木県の日光市。
旅館や民宿の紹介も兼ねて、情報誌に多く記載されている栃木の日光に、再び行ってみたいと考えている。

曇っている月曜の朝にこっそりと
最近のネイルブースは、バイオジェルなど、凄く高度な技が使用されているようだ。
多少安くしてくれるインビを貰ったので、店に行ってみた。
私は、色やシンプルさに対して、優柔不断なので、決定するのに時間を使った。
親指だけちょっとネイルアートをしていただいて、とてもテンションが高くなった。

薄暗い月曜の日没にひっそりと

雑誌を見ていたり、街を歩いていると、綺麗だな〜と思う人は多い。
顔立ちは、一般的な美しさとは言えなくても、人目を引いたりオーラがあったり。
人が発する雰囲気は、本人の内面かもしれない。
凄く大事だと思う。
私が注目しているのが歌手の西野カナさんだ。
Mステを見て初めて質疑応答を受けている姿を見た。
女性らしい!と思わずにいられない。
ベビーフェイスに、スタイルも良い感じ、淡い色が凄く合う印象。
話し方がおっとりしていて、名古屋弁なのもポイントが高い。
CDは結構聞くけれど、これを見てからそれ以上に大好きになった。

泣きながら熱弁する妹とあられ雲
そんなには、テレビドラマは見ないけれど、近頃、それでも、生きていくをかかさず見ている。
殺人犯側の家族と殺された小さな子の両親と兄達が会うことになってといったストーリーで、通常はありえないストーリーの流れだと思う。
殺された側の両親と兄達と加害者の家族のどちらの家族も不幸にあっている話がえがかれている。
流れの内容はとっても暗いのだけれど、しかし、色づかいはきれいなようにつくられている。
花や自然の映像がとても多くて、牧歌的できれいな映像がものすごく多用されている。
このあと、流れがどうなっていくのか想像がつかないけれど、少しでも救いがある内容になっていたらいいなと思う。

◎サイトコンテンツ

◎サイトコンテンツ

Copyright (c) 2015 お日様と海とトルネード All rights reserved.